合コンネタにぜひ☆元CAが教える、空港の名前が意外にも面白い

 

皆さま本日もご覧いただき誠にありがとうございます。

ソラと申します。

 

 

5年間キャビンアテンダントとして日本全国飛び回り、発見したこと、

それは、空港の名前に地域性が出ることです。

 


皆さま意外と知らないかと思いますので、

ちょっと変わった空港をご紹介します。

f:id:m78t2b3y4pfx:20190412212820j:image

 

 

●宮崎ブーゲンビリア空港

 

宮崎県のメイン空港です。

空港にはパイロットの卵を養成する航空大学校もあり、空港滑走路では訓練飛行も行われます。

ブーゲンビリアは、熱帯地域に生息するお花です。宮崎の温暖な気候、人々の温和な心、温かいおもてなしの精神を表しているそうです。

 

 


コウノトリ但馬空港

 

兵庫県の北部にある、主に小型機が離発着する空港です。民間航空会社だと、JAC(日本エアコミューター)が乗り入れています。

国の天然記念物であるコウノトリの最後の生息地であったことから、コウノトリ但馬空港との愛称がつきました。

 


鳥取砂丘コナン空港 

 

名探偵コナンの作者である青山剛昌の出身が鳥取県で、鳥取空港知名度UPのためにこの愛称になったそうです。

コナンの漫画が読めたり、トリックアートを楽しめる施設もあります。

 

 


●米子鬼太郎空港 

 

ゲゲゲの鬼太郎の作者である水木しげるの出身地である鳥取県境港市にある空港です。

美保(みほ)飛行場という飛行場で、自衛隊と民間航空機が滑走路を共用する空港になります。

外資エアラインも就航しており、AIR SEOULと香港航空が乗り入れている国際空港です。

  

 


●出雲縁結び空港

 

島根県に位置する空港で、縁結びの神様・出雲大社が近くにあることから縁結び空港との愛称が付けられています。

施設内には縁結びにまつわる写真撮影スポットや簡易的なフライトシュミレーターもあり、

子供から大人まで楽しむことができます。

 


日本には他にも色々な愛称の空港があります。

地域をイメージしやすく、

親しみのある名前が大変覚えやすいです。

 


ちょっとした飲み会ネタにもぜひ、

お使いください。

f:id:m78t2b3y4pfx:20190412212836j:image